税理士の試験について

税理士を目指すことを決めたもの、どんな試験なのか、興味がありますよね?税理士試験は、年一回、八月頃に行われ、複数の科目があります。

その中から一部選択をして、合計五科目が満点の60パーセント以上の得点をオーバーすれば合格です。また、科目合格という制度があり、一度で五科目の合格をしないでも、何年もかけてじっくり、勉強することも出来る試験です。

ただし、簿記論、財務諸表論、所得税法と法人税法のいずれか一つの計三科目は必ず、合格しないといけません。相続税法、消費税法もしくは酒税法、住民税または事業税、固定資産税、国税徴収法の中から二科目さらに選択することができるので、自分の得意な科目、もしくはとっつきやすいものから、学習をはじめることができます。

しかも、今年は財務諸表論のみ受験、来年は酒税法のみという具合に、一科目ごとの受験ができます。また、科目合格は一生涯、有効ですから、非常に長いスパンで学習計画を立てることができます。

しかし、難しい試験でもあることは変わりなく、科目合格だけで合格までたどり着けない人も多くいる試験でもあり、忍耐と性格な学習が求められます。もしかしたら、身近な人にも、科目合格をされた方がみえるかもしれないですね。

小顔矯正 韓国

熊本 住宅展示場

川崎で探すマンスリーマンション

大阪の成果報酬型SEO